リフォームの流れ

リフォームの流れ

リフォームを依頼する前に

「リフォーム」と一口にいっても、お住まいの補修やリフレッシュといった工事から、間取の変更や増築を伴うものまでその種類は様々です。
リフォーム業者を選定する前に、実際お住まいになるご家族の間で、どのような改善が必要かをお話し合いをし、意見をまとめることが大事です。

リフォームを検討する際には次のようなことを決めておきましょう。

  • リフォームの目的(どうしたいか)
  • リフォームしたいと思っている箇所
  • リフォームしたい箇所に優先順位をつける
  • おおよその予算

これらは業者さんの選定や、その後のプランニングの基準となりますので、ぜひ話し合って決めておくことをおすすめします。

お問合せから完工までの流れ

お問い合わせ

ご相談

インターネットや電話帳でリフォーム業者さんを探し、相談します。

話し合っておいたリフォーム内容を伝え、見積を依頼します。
リフォーム内容によっては家の図面などの資料が必要になる場合があります。

現地調査

現地調査

実際にリフォーム業者さんがおうかがいし、お話をお聞きしながら建物の構造の調査、住宅設備の調査などをおこないます。
必要であればお家の図面なども拝見します。
 

初回お見積

ラフプラン&初回お見積

現地調査でおうかがいしたご要望、現地調査の内容をもとにお見積をお作りします。
お見積の内容の説明をしてもらい、イメージに近いかどうか、また要望を実現できそうかどうかを判断し、リフォーム業者さんをしぼっていきます。
だいたいのご予算も確認しましょう。

詳細お打ち合わせ

詳細お打ち合わせ

リフォームのイメージをより具体的にしていきます。
使用する商品や内装材などのカタログやサンプルを見ながら検討したり、メーカーショールームを見学したりしながら詳細なプランを作っていきます。

最終プラン

最終プラン&最終お見積り

詳細なお打合せをしたあと、『このプラン・金額で施工いたします』という最終確認をします。この時点で疑問や不安な点がのこらないよう、しっかり確認しましょう。

また、リフォーム内容にもよりますが、お見積内容が「○○工事一式」だけのようなお見積書では、どこをどういう内容で工事するのかがわかりません。
親切なお見積は、工事ごとに分類した上、使用する材料なども明記し、お客さまに分かりやすいようになっているものです。
リフォーム業者さんを選ぶ際にはこういったところも気をつけてみてみましょう。

ご契約

ご契約

リフォーム内容・仕様に納得いただけましたら契約です。

 

着工

着工

施工する前にご近所の方へのあいさつ回りもおこないます。

着工しましたら、進み具合などを確認しながら、完成を楽しみにしていましょう。

工事中の追加や変更の希望は、きちんと担当責任者に話をし、合意を得るようにしましょう。

 

完工・お引渡し

完工・お引渡し

すべての工事が完了したら、完工です。